【BUMP OF CHICKEN】カラオケで盛り上がる曲5選【鉄板】

BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)
この記事は約4分で読めます。

【BUMP OF CHICKEN】カラオケで盛り上がる鉄板曲5選

BUMP OF CHICKENの事を知らない人でも聴いたら盛り上がれる鉄板曲をバンプ好きの筆者が厳選しました!

スポンサーリンク

カラオケで盛り上がる曲!

天体観測

BUMP OF CHICKENの名を世に轟かせるきっかけとなった曲。

バンプファンならずとも、一度は聴いたことがあるであろうバンプの象徴曲ともいえる。

疾走感溢れるギターのリフは、一度聴いたら耳に残るアップテンポのロックナンバーだ。

BUMP OF CHICKENの尖りの延長線上で誕生した曲は、今尚カラオケの定番ソングとして君臨し続けている。

ハルジオン

アルバム「Jupiter」にも収録されている2002年のヒット曲。

道端に咲く一輪の花。

「ハルジオン」と言う白くて背の高い花は、力強く咲き誇っている。

その花の生き様からインスパイアされた揺るぎない信念について書き綴られている歌詞には、聴く者の心を打つチカラがある。

Aメロ出だしの疾走感溢れるギターに、リズム隊が重なっていき、疾走感そのままに曲全体が盛り上がっていく。

メジャーデビュー後、ポップ調の曲が増えていく中で、インディーズ時代を彷彿とさせるロックナンバーに仕上がっている。

力強くシャウト気味に格好良く歌って欲しい!

バンプの信念ここに有り!

sailing day

劇場版『ONE PIECE THE MOVIE DEAD ENDの冒険」の挿入歌として有名な曲。

これから始まるであろう壮大な冒険を彷彿とさせるギターのイントロを皮切りに、航海しているかの様な感覚を覚えるポップ色強めの疾走感あるロックナンバーだ。

バンプのロックナンバーの中では、ポップ色が強い為比較的歌い易い印象を受ける。

※PV撮影は、千葉の幕張メッセです。バンプ団一行に襲いかかる強風や物、演奏を妨害する人々にも負ける事なく演奏する藤原の一味から目が離せない!

カルマ

人気アニメ『TALES OF THE ABYSS』の主題歌として有名。

カルマとは業を意味する。

業とは、行為、所作、意志による身心の活動、意志による身心の生活を意味する言葉。仏教およびインドの多くの宗教の説では、善または悪の業を作ると、因果の道理によってそれ相応の楽または苦の報いが生じるとされる。

(出典:Wikipediaより抜粋)

イントロの激しいギターが印象的な曲で、疾走感そのままに曲全体が進行していく。

ライブで大変盛り上がる曲でもある。

カラオケの鉄板ソングに相応しい。

hello!world

アニメ「血界戦線」の主題歌として有名。

「Hello,world!」

とは、今から40年程前にコンピューターにプログラミングを打ち込んで表示させた初めてのフレーズだ。

コンピューターが私達の世界に出会い、私達もまたコンピューターと出会った。

この言葉がこの曲の世界観を見事に表現しているのに驚きだ。

最近の曲では、ロック色強め!

筆者好みの一推しソング。

バンプの盛り上がる曲ランキングにもランクインしている人気曲だ。

スポンサーリンク

まとめ

筆者が厳選したBUMP OF CHICKENの盛り上がる曲5選いかがでしたか?

最後に、この中にランクインしていない曲で、おすすめな人気曲を何曲か紹介しておきます。

  • アルエ

エヴァ好きの人必見!新世紀エヴァンゲリオンのヒロインの一人綾波レイ(RA)の頭文字を文字って名付けられたインディーズ時代の名曲。

  • ガラスのブルース

BUMP OF CHICKENのマスコットキャラクターである「ニコルくん」。ガラスの眼をしたネコが主人公のブルーステイストを取り入れたロックナンバーだ!

サビでは、思わず手を振り上げたくなってしまうのは筆者だけだろうか?

  • メーデー

アルバム「orbital period」の代表曲。疾走感あるロックナンバーで、なんといっても升秀夫氏のドラムソロが見所!ドラムが主役!?といっても過言ではない。是非一度聴いてみて欲しい。

 

 

コメント メッセージはこちら

タイトルとURLをコピーしました