bump of chicken【藤原基央(藤くん)】使用頻度高いギター5選

この記事は約33分で読めます。

bump of chicken【藤原基央(藤くん)】使用頻度高いギター5選

 

19歳 男性
バンプ好きの男性

bump of chickenのボーカル藤くん(藤原基央)がメインで使用しているギターって何だろう?

こんな疑問を解決します。

✔︎ 記事の内容

  • bump of chickenの藤原基央(藤くん)がメインで使用しているギターを5つ紹介
くら
くら

バンプファン歴20年以上、bump of chickenのまとめ記事を書いている僕が藤くんのメインギターを紹介します。

※圧倒的な品揃えで、憧れのミュージシャンが使用するギターが破格のSALE価格でゲットできるかも!イケベ楽器で検索↓

\  業界屈指!圧倒的な品揃え /

bump of chicken【藤原(藤くん)】がメインで使用しているギター5選

Gibson Les Paul Special Single Cutaway TV YELLOW

bump of chickenの藤原基央さんといったら黄色いレスポールスペシャルと言っても過言じゃないですね。

インディーズ時代から藤くんのトレードマークとしてファンの間では親しまれています。

僕自身、大学時代にバンプのコピーバンドを組んで演奏しましたが、金欠で安物ギターを使用していました。音作りでは、レスポールスペシャル独特の温かみがあって伸びの良いクランチサウンドを真似ようと試行錯誤しましたが、どうやってもダメで諦めた悔しい想い出があります。

このギターに搭載されているピックアップ(P90)がバンプサウンドの基盤に必要不可欠ですが、ギター素材であるマホガニーとの共鳴がなければ、本当の意味で藤くんのギターサウンドを作り出す事は難しいです。

ちょっと値は張りますが、一生ものとして考えればコスパ良く、本家の満足度はお墨付きです。

レスポールスペシャルは、インディーズ時代の曲は勿論「ダイヤモンド」「天体観測」等メジャー曲の練習にも最適です。

他にも、Tokai Les Paul Special Type  (青・HSWモデル)やSonic Les Paul Special Type  (SLP-S)など複数のレスポールスペシャルを所有されています。

『本当は藤くんのギターを買いたいけれど、どうしても金銭的に厳しいよ』というあなたの為に、お手軽にバンプ風サウンドを楽しめる安価な下位モデルも紹介しておきますね。

✔︎ Epiphone Les Paul Special

Epiphoneというメーカーは、Gibsonの弟分的存在です。Gibsonの子会社なので、Gibson魂を引き継いでおり、Gibsonに近いサウンドを体現できる良い意味でコスパ最強のギターとも言えます。セット買いで6万円台はかなりお得です。

✔︎ Epiphone Les Paul Jr

このギターは、過去に僕がバンプっぽい音を出したくて購入したエピフォンのレスポールJrというエレキギターになります。見た目はレスポールスペシャルと同じで、搭載されているピックアップが一つだけですが、レスポールスペシャルと同じP90タイプなので、藤くん風サウンドを安価で気軽に楽しむ事ができるおすすめの1本です。

 

Fender Stratocasterタイプ

僕もFenderのストラトキャスターを1本所有しています。僕のはJAPANスタンダードモデル(写真と同じサンバーストカラー)です。

藤くんのストラトと比較できたもんではありませんが、ストラトキャスターのおすすめポイントは実際に使用しているのでわかります。

おすすめポイントは、3つあります。

  1. レスポールに比べてボディが薄く軽いので女性や子供、手の小さい方でも弾きやすい。
  2. シングルコイルのピックアップが3つ付いていて変化のある軽いサウンドが楽しめる。
  3. カッティングに最適のギター。

金銭的に制限があり、コスパ優先で考えるなら、Fender JAPANのストラトキャスターがおすすめです。新品でも6万前後で購入できます。

バンプの曲で言うと、「ギルド 」「ダンデライオン」「車輪の唄」「66号線」「天体観測」等アルバム「jupiter〜ユグドラシル」辺りの曲を練習するのに最適なギターです。

Fender telecasterタイプ

藤くん愛用のフェンダー製テレキャスター(黄・1959年製)は、ビンテージタイプですね。カラーはイエローとの事で、レスポールスペシャル同様、藤くんのシンボルカラーですね。

僕もFenderのテレキャスターを1本所有しています。他のエレキギターとは異なり、ちょっとだけ奮発したMexico製のテレキャスターTHINLINEモデルになります。

僕が実際に弾いていて感じたテレキャスタータイプの特徴をお伝えします。

  1. ギターに厚みがあるが軽くて弾きやすい。
  2. 良くも悪くも音鳴りがはっきりしているので、ミスが目立ちやすい(初心者には扱いづらいかも)。
  3. シャリシャリした感じのサウンドで、ギターボーカルのコードワーク向き。

こちらもストラトキャスター同様で、コスパ優先で考えるなら、Fender JAPANのテレキャスターがおすすめです。新品でも6万前後で購入できます。

バンプの曲で言うと「プレゼント」を練習するのに最適なギターです。

Gibson J-45

藤くん愛用のアコギでも、特に使用頻度が多いのがGibson製J-45になります。

個人的には、「snow smile」のイントロが印象的ですね。

ギターの音質はお墨付きで、温かみのある抜けの良いサウンドを奏でる事ができます。

「(please) forgive」「white note」のレコーディング、「supernova」「花の名」「グッドラック」「友達の唄」他多数のPVで使用されています。また、LIVEでは「話がしたいよ」「プレゼント」などアコースティックギター演奏曲でも重宝されています。

Martinのアコギ

✔︎ Martin D-45 (1968年製)

藤くんが”妖刀”と呼び、繊細なサウンドを奏でる事ができる世界で67本しか生産されていないギター。「プラネタリウム」「voyager」「友達の唄」のレコーディングで使用されています。

✔︎ Martin 0-18 (1943年製)

バンプ楽曲のレコーディングで小ぶりなギターが必要になり楽器屋へ買いに行ったエピソードがある。「flyby」「white note」のレコーディングで使用されています。最近では、2021年11月の生配信ライブ「Silver Jubilee」でチャマが「small world」のイントロ演奏で使用していました。

✔︎ Martin 00-15M

「GO」や「虹を待つ人」(主にaurora arkツアー)のライブで使用されています。

✔︎ Martin D-28 /12-Strings

「ホリデイ」(2012年「GOLD GLIDER TOUR 2012」) 、「ダンデライオン」(2016年「BFLY」)で使用されました。

くら
くら

kitizou blogでは、気になる邦楽ロックバンドの使用機材について紹介していきます。

※圧倒的な品揃えで、憧れのミュージシャンが使用するギターが破格のSALE価格でゲットできるかも!イケベ楽器で検索↓

\  業界屈指!圧倒的な品揃え /

 

トップに戻る≪

【最新版】楽器買取店おすすめランキング
楽器の買取屋さん

✅最短即日30分無料出張査定

・幅広い出張エリア
・楽器に詳しいスタッフ構成
・様々なケースに柔軟対応

注意)ピアノ関係や和楽器は査定対象外です。

✅【期間限定】20%UPキャンペーン中

☆ギブソン&フェンダー買取額UP

☆管楽器20%買取額UP

☆Suhr、Tom Anderson、James Tyler、PRS買取額UP

☆5点以上で買取額UP

お見逃しなく!

イシバシ楽器

✅楽器販売大手の石橋楽器店が運営

・ギター、ベース、ドラム、電子ピアノ、シンセサイザー、管楽器など取扱が豊富。
・高単価の商品を多く扱っているからこその信頼納得の査定買取。
・掲載品は10万点以上。中古楽器商材も多数あり。

✅ 手軽で安心のLINE無料査定がおすすめ!

・売却楽器の写真を撮って、メーカー、カラー、型番等の情報をLINEに貼り付けるだけの簡単査定。大手老舗楽器の信頼もあり、高額売却も期待できる。

楽器高く売れるドットコム

✅東証一部上場企業が運営
・上場企業が運営しているので安心、サービス利用者100万人突破!

✅宅配・出張・店頭買取で全国対応
・もちろん宅配送料・出張費用は無料!

✅いくらで売れるかすぐわかる事前査定
・楽器のプロが一点ずつ無料査定してくれる。
・買取価格を確認してからの取引だから安心納得。

✅当日14時までの買取なら最速最短当日集荷

楽器の買取ネット

✅安心適正価格査定

・送料手数料全額負担
・梱包グッズ無料プレゼント
・事前見積もりOK

✅【期間限定】買取強化キャンペーン中

☆特定管楽器買取額10%UP

☆エフェクター5点以上で買取額10%UP

お見逃しなく!

BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)アーティストグッズの購入楽器やグッズの購入
kitizou blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました