BUMP OF CHICKEN【ハイブリッドレインボウ/the pillows】BUMPがカバーした心を打たれる曲

BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)
この記事は約3分で読めます。

BUMP OF CHICKEN【ハイブリッドレインボウ/the pillows】BUMPがカバーした心を打たれる曲

スポンサーリンク

バンプがカバーしたハイブリッドレインボウとは?

人生の苦難に遭遇した時に聴くと心を打たれる曲。

絶望に打ちひしがれた時に見える一筋の光。

そこには輝く虹が見える。

「まだだ、まだやれる、俺のチカラはこんなもんじゃないはず!」

部活の試合、受験、就職等

ここぞっていう勝負時に聴くと勇気づけられる曲です。

きっと気づいた時には手を振り上げて叫んでいる事だろう!

Can you feel?

スポンサーリンク

the pillowsとは?

the pillowsは1989年に結成されたロックバンドだ。

メンバーは、

vo&gt 山中さわお

the pillowsのリーダーであり、ほぼすべての楽曲の作詞作曲を手掛ける。ツアーグッズのデザインなども担当する。

gt 真鍋吉明

dr 佐藤シンイチロウ

 

彼等は、音楽性の違いなどによりメンバーチェンジを繰り返した末、1991年に念願のメジャーデビューを果たす。

当初は、売れる事に重点を置いた楽曲制作をしていたが、鳴かず飛ばずの暗闇の中をもがき苦しみながら活動してきた。

80年代から90年代にかけては、グランジやオルタナティブロックが生まれ、その影響を受け、彼等の楽曲も大きく変化。

グランジロックを代表するバンドで世界的にも有名なのが「NIRVANA」です。

「ハイブリッドレインボウ」は、まさにグランジロックの影響を直に受け、山中さわおがグランジを邦楽風にアレンジし、体現した楽曲といわれています。

筆者おすすめのthe pillowsの曲はこれだ↓

スポンサーリンク

BUMP OF CHICKENのカバーが最高すぎる!

ギターの優しいアルペジオで始まる藤原氏のアレンジは、聴く者にリラクゼーション効果をもたらす。

そんな優しいギターの音色に被せるように藤くんの優しい唄声が聴く者の心を奪う。

曲の進行と共にリズム隊が加わり、サビに向けて一気に盛り上がっていく。

サビでは、グランジロックのイメージを彷彿とさせる藤くんのシャウトが曲に締まりを与え、心に刺さる!

他バンドのアレンジ曲とは思えない…もはやBUMP OF CHICKENの新曲と言われても過言ではないくらい完璧な仕上がりとなっている。

是非この機会に、聴く者を魅了する藤原基央マジックをご堪能あれ!

the pillows Bump of Chicken Hybrid Rainbow

 

スポンサーリンク

まとめ

  • BUMP OF CHICKENのカバーいかがでしたか?本家もバンプカバーも最高ですね!バンプ 以外にもMr.Childrenやエルレガーデン等、現在の日本ロック界を牽引する様々なロックバンドからリスペクトされ続けているthe pillowsのロック魂を感じて欲しい!

コメント メッセージはこちら

タイトルとURLをコピーしました