発達障がいの高校生が勉強しない!勉強についていけず不登校になる原因と対策

この記事は約3分で読めます。

発達障がいの高校生が勉強しない!勉強についていけず不登校になる原因と対策

 

困った女性
発達障がいの娘が勉強についていけず困り果てた女性

発達障がいを持つ高校生の娘が勉強についていけてないみたい…。学校も不登校気味だし、大学受験を控えてるしどうしたら良いの?

こんな悩みを解決します。

✔︎ 記事の内容

発達障がいの高校生が勉強しない、勉強についていけず不登校になる原因と対策について専門家が解説。

 

くら
くら

医療機関で現役言語聴覚士として働いている僕が発達障がいの子の特徴と勉強に特化した対策について解説します。

発達障がいの高校生が勉強しない!勉強についていけず不登校になる原因と対策は?

発達障がいの高校生が勉強しない!勉強についていけず不登校になる原因と対策は?

 

もしかすると、発達障がいであるお子さんのこんな悩みを抱えていたりしませんか?

  1. 注意散漫で授業に集中出来ない。
  2. 両親や友達の感情を読み取ることが難しい。
  3. ことばの表出や発音に遅れがある。
  4. 学習しても覚えるのに時間がかかる。
  5. 興味関心の高い事柄には凄い集中力を発揮する。

 

上記以外にも様々なタイプがあり、それぞれの症状が複合的に重なって表面化していることが多いです。

幼少期〜小学生くらいまでは、両親や学校の先生及び周囲の理解と支えがあればどうにか乗り越えられます。高校生になると求められるハードルがグンと高くなる上、自分で判断し解決しなければならない場面も多く複雑なサポートが必要です。

発達障がいの高校生が勉強しない!勉強についていけず不登校になる原因

結論から言うと、昔つまずいた所がわからないまま放置されていたり、自分自身で飛び越えなければいけない高いハードルが存在することが原因です。

具体的には、難しい授業や受験などの高い壁です。

発達障がいの高校生が勉強しない!勉強についていけない子の対策

発達障がいの影響で学習についていけていない場合、子どもがつまずいてしまった所をしっかりと理解できるよう学習環境をサポートしてあげる必要があります。

そこで、今大注目されているのが、勉強嫌いな子どもでもゲーム感覚で学習できる対話型アニメーション教材『すらら』です。

すららは、塾講師によるコーチサポートも月の費用に含まれています。

まとめ

記事の内容をまとめると、

  1. 発達障がいの高校生が勉強しないのは、昔つまずいた所がわからないままになっていたり、自分自身で飛び越えなければいけない高いハードルが存在することが原因です。
  2. すららは、独自のつまずき診断システムで特許取得し、小学校高学年~高校生まで全ての学年の教材をいつでも好きなだけ取り組むことが可能です。
  3. 料金高めだけど、安心のすららコーチ付きだからこその納得価格設定です。

これでおしまいです。

すららの無料資料申し込みはこちら≪

コメント

タイトルとURLをコピーしました