発達障がいの小学生が勉強しない!勉強についていけず不登校になる原因と対策

この記事は約3分で読めます。

発達障がいの小学生が勉強しない!勉強についていけず不登校になる原因と対策

 

困った女性
発達障がいの息子を心配する女性

発達障がいを持つ小学生の息子が勉強についていけてないみたい…。学校も不登校気味だしどうしたら良いの?

こんな悩みを解決します。

✔︎ 記事の内容

発達障がいの小学生が勉強しない、勉強についていけず不登校になる原因と対策について専門家が解説。

 

のんパパ
くら

医療機関で現役言語聴覚士として働いている僕が発達障がいの子の特徴と勉強に特化した対策について解説します。

発達障がいの小学生が勉強しない!勉強についていけず不登校になる原因と対策は?

 

もしかすると、発達障がいを持つ小学生のお子さんのこんな事で悩んでいたりしませんか?

  1. 注意散漫で授業に集中出来ない。
  2. 両親や友達の感情を読み取ることが難しい。
  3. ことばの表出や発音に遅れがある。
  4. 学習しても覚えるのに時間がかかる。
  5. 興味関心の高い事柄には凄い集中力を発揮する。

 

上記以外にも様々なタイプがあり、それぞれの症状が複合的に重なって表面化していることが多いです。

幼少期の頃は、周囲の大人が子どもの個性として受け入れてあげる姿勢が何より大切です。

発達障がいの小学生が勉強しない!勉強についていけず不登校になる原因

結論から言うと、『他の子には出来るのに自分にはできない』という劣等感を感じてしまっている子どもが多いです。

いまの日本教育では、個々の能力に見合った配慮には限界があります。結果、勉強についていけない子どもは取り残されてしまう傾向にあります。

発達障がいの小学生が勉強しない!勉強についていけない子の対策

学年や年齢に関係なく、その子どもの学習レベルに見合った学習環境を整えてあげる必要があります。

そこで今学校で推奨されているのが、勉強嫌いな子どもでもゲーム感覚で学習できる対話型アニメーション教材『すらら』です。お子さんが不登校の場合は、すららで学習している旨を学校に連絡することで出席扱いになります。

※勉強嫌いな子どもにおすすめのタブレット教材すららの詳しい記事はコチラ↓

✔︎ 【学校推奨】すららタブレットがおすすめ!口コミ評判レビュー

まとめ

記事の内容をまとめると、

  1. 発達障がいの小学生が勉強しないのは、他の子には理解出来ることが自分にはできず置いてけぼりの状態になってしまうことが原因です。
  2. すららは、勉強嫌いの子どもを研究し、独自開発された対話型アニメーション教材です。
  3. 子どもが不登校になっている場合でも、家で『すらら』学習をしていれば出席扱いになる。

これでおしまいです。

すららの無料資料申し込みはこちら≪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました