【超難問】令和でブレイクしそうなアーティスト!【クイズ問題】

この記事は約3分で読めます。

【超難問】令和でブレイクしそうなアーティスト!【クイズ問題】

 

邦楽ロック好きのバンドマン
邦楽ロック好きのバンドマン

令和でブレイクしそうなインディーズバンドの出題クイズがヤバ難しい!邦楽ロック好きの人は挑戦してみて!

✔︎ 記事の内容

  • 令和にブレイクしそうなアーティストに関するクイズ問題になります【激ムズです】
  • 令和にブレイクしそうなアーティストがわかる【インディーズバンド情報に詳しくなります】

 

令和にブレイクしそうなアーティストバンドの記事を書いている僕が作ってみました。

出題アーティストはこちらの記事を参考にしてみてください↓

【令和にブレイクしそうなアーティスト】Eggsインディーズチャートまとめ
令和にブレイクしそうなアーティストを厳選して紹介しています。Eggsインディーズチャートを参考にまとめています。

 

 

スポンサーリンク

令和にブレイクしそうなアーティストクイズ

※問題は随時更新予定です。URLをブックマークしておくと、次回からスムーズにご確認いただけます。

 

第1問

作詞作曲のほか、映像制作も一人で手掛けてしまうマルチクリエーター。

BUMP OF CHICKENをリスペクトしており、彼の曲作りにおいても多大なるインスピレーションを受けていると思われる。

君のトナリとして活動する傍ら、ソロ活動も積極的に行うアーティストといえば誰?

 

 

第2問

千葉県出身の彼女。

2017年11月30日から下北沢を拠点にライブ活動を開始。

都内を中心に活動するシンガーソングライターである。

一推し曲は『文学のすゝめ』。

 

第3問

千葉県柏市で活動する3ピースロックバンド!

代表曲は『殺文句』です。

 

 

第4問

岡山県倉敷市出身の彼。

なんと、iphoneで曲作っているらしい。

『僕から色々動きます!』とフットワークの軽さがグッド。

一推し曲は『アップルなリズムが止まらないよ』。

 

 

 

第5問

北海道札幌市出身の4人組バンド。

代表曲は『高空』。

 

 

 

第6問

宮城県仙台市出身の5ピースバンド。

Jazzをロック調にアレンジした型にとらわれないスタイルは、東京事変を彷彿させる。

代表曲は『愛染め』で、その堂々とした演奏からはとても現役高校生とは思えない。

 

 

第7問

高校生とは思えない堂々とした演奏、ボーカルの高音ハスキーボイス、そして彼ら3人が織りなすアンサンブルが魅力。

ファンの間では略して『リュックそ』と呼ばれている。

 

 

 

第8問

大阪府を活動拠点とするピアノロックバンド。

バンド名には決して消えることのない君への愛(永遠の愛=“〇〇○ー”)を描く繊細で切ない感情を強く発信する(発信者=“〇〇ー”)という意味が込められている。

 

 

第9問

LINEミュージックの邦楽ロック部門ランキングで、『絵空』が50位内にランクイン。

代表曲は『Drama』。

ボーカルはRADWIMPS好きで、RADWIMPSの曲を弾き語りしている。

 

 

第10問

結成3年にしてあのロッキンジャパンフェス2019の出場を果たしたモンスターバンド。

代表曲は『夜間飛行少年』

 

 

 

邦ROCKに詳しいギタリスト
邦ROCKに詳しいギタリスト

答えは別の記事にまとめているので、そっちをみてね。

【最新版】楽器買取店おすすめランキング
楽器の買取屋さん

✅最短即日30分無料出張査定

・幅広い出張エリア
・楽器に詳しいスタッフ構成
・様々なケースに柔軟対応

注意)ピアノ関係や和楽器は査定対象外です。

✅【期間限定】20%UPキャンペーン中

☆ギブソン&フェンダー買取額UP

☆管楽器20%買取額UP

☆Suhr、Tom Anderson、James Tyler、PRS買取額UP

☆5点以上で買取額UP

お見逃しなく!

タカミツ楽器

✅実際の買取価格に近い事前査定

・手数料 ・出張査定無料
・全国どこでも出張買取
・全サービスで手数料及びキャンセル料なし
・メーカーや型番が不明な楽器、大型の楽器、即日査定対応

✅今なら買取成約時に1000円キャッシュバックキャンペーン中です

お見逃しなく!

楽器の買取ネット

✅安心適正価格査定

・送料手数料全額負担
・梱包グッズ無料プレゼント
・事前見積もりOK

✅【期間限定】買取強化キャンペーン中

☆特定管楽器買取額10%UP

☆エフェクター5点以上で買取額10%UP

お見逃しなく!

アーティスト紹介 インディーズバンド 最新記事 音楽生活
スポンサーリンク
kitizou blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました