【体験談】ジャンクベースの高額売却に成功した元バンドマンの方法

この記事は約8分で読めます。

【体験談】ジャンクベースの高額売却に成功した元バンドマンの方法

悩み人
悩み人

売りたいギターの音鳴りとボディ痕が気になるんだけど売れるかなぁ?

くら
くら

なるほど。ジャンクbassの高額売却に成功した私の経験が参考になると良いな

 

今すぐ最短即日査定の楽器の買取屋さんで査定する

ジャンク品だからってまだ処分しないで下さい!

なぜジャンク楽器を勢いで処分しちゃいけないのか?

結論から言ってしまうと、勢いで処分しない方が良いです。

素人目ではジャンク品に思えても、プロからしてみれば十分リペア可能な商品である可能性が高いからです。

大手の楽器屋や楽器買取専門業者のなかには、楽器に関する知識と経験豊富なスタッフが在籍している事が多いです。

その為、ジャンク楽器を修理して商品として販売する事だって可能なんです(楽器修理を担当するリペアマンがいる所もあります)。

それでは、私が実際にリサイクルショップで購入したジャンクbassを購入価格の2倍以上で売却した体験談を聴いてください。

 

まずは、私の経験談を聴いてください。

とある田舎町の便利なリサイクルショップ。

楽器売り場のジャンク品コーナーを覗いてみると、裸のまま無造作に置かれた楽器たちがところ狭しと置かれていました。

いつもならスルーしてしまうジャンクコーナーですが、その日は違いました。

私の目に飛び込んできたのは、鮮やかなスカイブルーのFender JapanのJazz bassでした。

売り値価格は、驚きの6000円

見た目で気になった点としては

 

✅ボディー、ペグ、フレットに一部サビあり ✅ボディーに細かい傷あり

くらいでした。

 

次に、店員さんに声をかけて試し弾きをお願いしました。

実際にベースアンプに繋いでみると、音鳴りも悪くない印象でした。

音量やピッチのつまみ調節も可能で、

弾いていてペグが緩みチューニングが崩れてしまうこともありません。

 

✅試し弾きで音が鳴る           ✅音量やピッチ調節つまみが動作する

 

私は趣味でギターを弾いているのですが、ベースに関してはほとんど知識がありません。

しかし、FenderのJazz bassの正規価格からすると、ジャンク楽器とはいえ安すぎる事は容易に想像できました。

ちなみにヤフオク!など全ての買取平均価格が36801円との統計結果情報あり。

出典先URL

fender japan jazz bassの平均価格は33,899円|ヤフオク!等のfender japan jazz bassのオークション売買情報は59件が掲載されています
オークファン

『今これを買わないときっと後悔するに違いない』

自分の直感を信じ買うことを決意。

自宅に持ち帰り、何度か弾いたり、インテリアとして飾ってみたりして楽しみました。

そして、思いきって楽器買取業者に査定見積りを依頼してみました。

すると、おどろきの査定結果が出ました!

なんと、16500円

つまり、6000円→ 16500円

購入価格のじつに2倍以上です!!

当然ながら、よろこんで売却しちゃいましたよ。

さて、この経験談から見えてくることは、

✅リサイクルショップ査定は必ずしも楽器に詳しいスタッフが行うとは限らない

✅リサイクルショップのジャンクコーナーには掘り出し楽器が眠ってる可能性あり

✅有名メーカーの弦楽器はジャンクでも高額査定の可能性あり

✅楽器売却するなら楽器買取業者に依頼した方が良い→リペアマンのいる楽器買取業者が多い

 

 

 

 

おすすめの楽器買取業者3選

それでは、楽器のおすすめ買取業者を3つ紹介いたします。

第1位 楽器の買取屋さん

最短即日30分無料出張査定

  • 幅広い出張エリア
  • 楽器に詳しいスタッフ構成
  • 様々なケースに柔軟対応

注意)ピアノ関係や和楽器は査定対象外です

楽器買取業者の口コミ評判【まとめ】

今すぐ最短即日査定の楽器の買取屋さんで査定する

第2位 タカミツ楽器


実際の買取価格に近い事前査定

 

  • 手数料 ・出張査定無料
  • 全国どこでも出張買取
  • 全サービスで手数料及びキャンセル料なし
  • メーカーや型番が不明な楽器、大型の楽器、即日査定対応

楽器買取業者の口コミ評判【まとめ】

今すぐ高価買取のタカミツ楽器で査定する

第3位 楽器の買取ネット


安心適正価格査定

  • 送料手数料全額負担
  • 梱包グッズ無料プレゼント
  • 事前見積もりOK

楽器買取業者の口コミ評判【まとめ】

今すぐ楽器買取ネットで査定する

まとめ

『ジャンク楽器なんてどうせ売れないだろう』

といったマイナスイメージが少しは変わりましたか?

今すぐ、自宅に眠っている楽器のメーカーと種類を調べて買取相場価格をググってみてください。

そして、楽器買取業者に査定をお願いしてみましょう。

思わぬ臨時収入が得られちゃうかもしれませんよ。

今すぐ最短即日査定の楽器の買取屋さんで査定する

 

楽器の査定基準

楽器の査定基準

楽器の査定基準は、業者によって多少異なることもありますし、同じ楽器を査定しても提示される金額が同じとは限りません。ただし、査定のポイントとなる点は、どの業者も共通していることがほとんどです。楽器の査定のポイントになりやすい点についてまとめましたので、査定を依頼する前に状態を確認しておきましょう。

ヴィンテージものでない楽器の製造年

楽器の製造された年がひとつの査定基準になります。ヴィンテージものやアンティークものの場合には、製造年が古くても高く売れることがあります。しかし、そういった評価のないものについては、製造年が古ければ古いほど、査定の評価は低くなります。古いものはそれだけ壊れやすいと判断され、その市場価値は低いとみなされるためです。

長く使っているから、評価が低くなるというわけではありません。自分が楽器を購入した時期や、楽器を使用した期間ではなく、重要なのは、売ろうとしている楽器が製造された時期です。いつ頃作られたものなのかを確認しておきましょう。

傷や汚れがあるかどうか

楽器が古いか新しいかどうかも重要ですが、傷や汚れがあるかどうかも査定において、大きなポイントです。買取業者が買い取った楽器はその後、中古品として、再び店頭に並ぶことになります。楽器を買う人の心理を想像してみましょう。傷や汚れがついているものと、中古品なのに傷ひとつない美品であれば、どちらを購入するかは、考える余地もありませんよね。

傷や汚れがあるものは、必然的に買取金額が下がります。傷を隠すことは難しいかもしれませんが、少しでも高い金額で売りたいと考える場合には、落とせる限りの汚れは落としておきましょう。きれいに見えることが重要です。

付属品が揃っているかどうか

楽器には付属品がついているものが多くあります。その付属品がそろっているかどうかも査定基準のひとつです。楽器だけでなく、中古品を購入する際に、セット品の中身がすべてそろっているかどうかは、買う人の心理を考えると重要なポイントです。

買取の判断基準は、楽器の状態だけではありません。付属品には、楽器のケースや取扱説明書や保証書なども含まれます。買ったときに入っていたものが一式そろっていることで買取価格はアップします。査定を受ける前に、付属品一式を探しておきましょう。

楽器を高値で売るポイント

楽器を高値で売るポイント

せっかく売りに出すのであれば、少しでも高い金額で売りたいというのが売り手の本音です。大切に使ってきた楽器を少しでも高値で買い取ってもらうためには、どのような点に注意したらいいのでしょうか。買取サービスを依頼する前に確認しておくべき事項としては、次のようなものが挙げられます。

きれいにクリーニングしておく

買い手の気持ちを考えれば、当然といえば当然ですが、きれいな状態のものほど買取金額は高くなります。事前にクリーニングしておきましょう。

売ることを前提に使用しているわけではないと思いますが、売りに出す段階になって急にクリーニングをしてもきれいにするには限界があります。買取を依頼する前にクリーニングをするのはもちろんですが、普段からしっかりメンテナンスをして、きれいな状態をキープしておくことをおすすめします。

ただし、クリーニングに薬品は使用しないようにしましょう。特に木製の楽器は、薬品を使用することによって状態が悪化することがあります。取扱いには十分に注意してください。

チューニングしておく

買取に出す直前に、チューニングをしておくことをおすすめします。査定をするときに、チューニングができている楽器は、状態がいいと判断されます。査定をする人にいい印象を与えるので、査定の評価を高くする一因になります。

自分でできる範囲でかまいません。少しでもいい状態の楽器であるという印象を与えるために、買取の直前に再度確認しておきましょう。

付属品をつける

楽器と初回購入したときのまま、付属品がすべてそろっていると、買取価格は高くなります。付属品には、楽器の周辺機器や、楽器のケースだけでなく、取扱説明書や保証書などの書類も含まれます。

長く使用していると、付属品とどこかにしまい込んでいて、どこに保管してあるのか分からなくなっていることもあります。買取を依頼する前に、付属品の保管場所を確認し、一式そろえて査定に出しましょう。

できるだけ早く売る

売りに出したいと考えたら、なるべく早く売りに出した方が買取価格が高くなる可能性があります。査定基準のひとつである楽器の製造時期が古くなればなるほど買取価格が下がるからです。

発売間もない楽器は、中古市場でも人気が高く、高値で売れるため、高確率で高い金額で買い取ってもらうことができます。楽器の商品価値が下がる前に売りに出しましょう。

リサイクルショップへの持ち込みについて

リサイクルショップは店舗数も多く、手軽に買取を依頼できます。しかし、リサイクルショップに持ち込まれる商品は多岐にわたるため、それぞれの分野の専門家が査定をするわけではありません。

楽器の専門知識のない人の査定では、売りたい楽器の本来の価値を見抜くことはできません。楽器を売る場合には、

 

タイトルとURLをコピーしました