【無料公開】ジャンクベースの高額売却に成功した元バンドマンの方法【体験談です】

楽器のリユース情報
この記事は約4分で読めます。

【無料公開】ジャンクベースの高額売却に成功した元バンドマンの方法【体験談です】

 

ギターの売却を検討している人
ギターの売却を検討している人

売りたいギターの音鳴りとボディ痕が気になるんだけど売れるかなぁ?

今日はこんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • ジャンク楽器のリユース方法について紹介
  • ジャンクベースを購入価格の2倍以上で売却した経験談を惜しみなく公開

ジャンクベースを購入価格の2倍以上で高額売却した経験があるボクが売却ポイントを詳しく解説しているので、ぜひゆっくりと最後までご覧ください。

https://kitizou.com/3317

 

スポンサーリンク

ジャンク品だからってまだ処分しないで下さい!

なぜジャンク楽器を勢いで処分しちゃいけないのか?

結論から言ってしまうと、

素人目ではジャンク品に思えても、プロからしてみれば十分リペア可能な商品である可能性が高いからです。

大手の楽器屋や楽器買取専門業者のなかには、楽器に関する知識と経験豊富なスタッフが在籍している事が多いです。

その為、ジャンク楽器を修理して商品として販売する事だって可能なんです(楽器修理を担当するリペアマンがいる所もあります)。

それでは、私が実際にリサイクルショップで購入したジャンクbassを購入価格の2倍以上で売却した体験談を聴いてください。

 

とある田舎町の便利なリサイクルショップ。

楽器売り場のジャンク品コーナーを覗いてみると、裸のまま無造作に置かれた楽器たちがところ狭しと置かれていました。

いつもならスルーしてしまうジャンクコーナーですが、その日は違いました。

私の目に飛び込んできたのは、鮮やかなスカイブルーのFender JapanのJazz bassでした。

売り値価格は、驚きの6000円

見た目で気になった点としては

 

✅ボディー、ペグ、フレットに一部サビあり ✅ボディーに細かい傷あり

くらいでした。

 

次に、店員さんに声をかけて試し弾きをお願いしました。

実際にベースアンプに繋いでみると、音鳴りも悪くない印象でした。

音量やピッチのつまみ調節も可能で、

弾いていてペグが緩みチューニングが崩れてしまうこともありません。

 

✅試し弾きで音が鳴る           ✅音量やピッチ調節つまみが動作する

 

私は趣味でギターを弾いているのですが、ベースに関してはほとんど知識がありません。

しかし、FenderのJazz bassの正規価格からすると、ジャンク楽器とはいえ安すぎる事は容易に想像できました。

ちなみにヤフオク!など全ての買取平均価格が36801円との統計結果情報あり。

出典先URL

fender japan jazz bassの平均価格は37,183円|ヤフオク!等のfender japan jazz bassのオークション売買情報は70件が掲載されています
オークファン

『今これを買わないときっと後悔するに違いない』

自分の直感を信じ買うことを決意。

自宅に持ち帰り、何度か弾いたり、インテリアとして飾ってみたりして楽しみました。

そして、思いきって楽器買取業者に査定見積りを依頼してみました。

すると、おどろきの査定結果が出ました!

なんと、16500円

つまり、6000円→16500円

購入価格のじつに2倍以上です!!

当然ながら、よろこんで売却しちゃいましたよ。

さて、この経験談から見えてくることは、

✅リサイクルショップ査定は必ずしも楽器に詳しいスタッフが行うとは限らない

✅リサイクルショップのジャンクコーナーには掘り出し楽器が眠ってる可能性あり

✅有名メーカーの弦楽器はジャンクでも高額査定の可能性あり

✅楽器の宅配査定するなら楽器買取業者に依頼した方が良い→リペアマンのいる楽器買取業者が多い

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

『ジャンク楽器なんてどうせ売れないだろう』

といったマイナスイメージが少しは変わりましたか?

今すぐ、自宅に眠っている楽器のメーカーと種類を調べて買取相場価格をググってみてください。

そして、楽器買取業者に査定をお願いしてみましょう。

思わぬ臨時収入が得られちゃうかもしれませんよ。

これでおしまいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント メッセージはこちら

タイトルとURLをコピーしました