呂律不良と発語困難!現役言語聴覚士が呂律不良と発語困難の違いについて分かりやすく解説します!

健康・医療
この記事は約2分で読めます。

呂律不良と発語困難は違います

スポンサーリンク

はじめに

くらです。

医療専門職15年以上の経験を持ち、現在も現役のくらが知ってる様で意外に知らない医療や介護知識を記事にします。

今回のテーマ「呂律不良と発話困難の違いについて」

皆さん脳梗塞って病気はご存知でしょうか?

テレビなどで聞き馴染みのある方もいらっしゃるかと思いますが、

簡単に言うと脳の血管が詰まってしまい手足や言葉に支障が出てしまう状態です。

言葉の状態は、左右どちらの脳にダメージを受けたか
どれくらいの大きさかによって個人差があります。

脳梗塞や脳出血の後遺症の一つに「呂律不良」や「発語困難」が存在するわけですが、

ここで皆さんに質問です!

呂律不良と発語困難は一緒だと思いますか?

また、どちらの脳損傷でも起こるものでしょうか?

正解は、呂律不良と発語困難は違う症状になりますので注意して下さい。

スポンサーリンク

呂律不良とは

舌が回らずうまく発音できない状態の事です。

神経心理学的には「運動障害性構音障害」といいます。

運動障害性構音障害

発声発語器官の筋制御不全を原因として、発話の実行に関与する基本的運動過程のいずれかの過程が障害された事に起因する構音障害である。

発声発語器官とは、口唇・舌・顎・咽頭・喉頭の事をさします。

基本的運動過程とは、呼吸・発声・鼻咽腔閉鎖・口腔構音機能の事です。

スポンサーリンク

発語困難とは

脳内にある単語をうまく引き出せない状態の事です。

神経心理学的には「失語症」という状態です。

失語症

脳の器質的原因により「話す」「聴く」「読む」「書く」「計算する」といった5つの側面のいずれかが単一もしくは複合的に障がいされてしまう状態です。
スポンサーリンク

呂律不良はどちらの脳損傷で起こるのか

呂律不良は左右どちらの脳が損傷を受けても起こります。

スポンサーリンク

発語困難はどちらの脳損傷で起こるのか

発語困難は言語中枢のある左脳損傷で起こります。

知っ得情報

稀に右利きの右半球損傷でも発語困難が起こることがあります!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

呂律不良と発語困難は異なる症状であり、脳の病巣部位によっても出現の有無が異なります。

医療従事者の中でも、きちんと把握できている方は意外に少ない印象があります。

今後も、皆さんに有益な情報記事を発信していきますのでフォローの程宜しくお願いします🥺

くらでした👋

タイトルとURLをコピーしました