リップル(XRP)の2020予想!気になるリップルの今後は?東京五輪でどうなるリップル相場!

投資
この記事は約4分で読めます。

リップル2020予想!リップルの今後は?東京五輪で上がる見通しも!

スポンサーリンク

リップルの2020予想

皆さんこんにちは!

 

くらです。

 

2020東京五輪も近づいてきましたね‼️

 

最近では、

 

Bitcoin価格が1万ドル💲の大台を突破しました!

 

冷え込んでいた仮想通貨市場に春の再来が期待されています。

 

東京五輪では、多くの外国人が日本に来日しますよね!

 

今回はそこに着目した記事内容になってます。

 

そんな、まさか‼️に備えて仮想通貨はハードウォレットで管理しよう↓


五輪には沢山の外国人がやって来るね!

五輪以外にも観光目的の外国人も来るはず

五輪招致で物凄い国家規模のお金が動くよね

金融機関も大忙しだわ

そこで注目されてるのが仮想通貨XRPの送金システムなんだ

 

現在大人気のXRPが五輪で上がる説がじわじわと浮上してきているのです‼️

 

XRPとは?

リップル

Ripple)とは、Ripple Inc. によって開発が行われている分散型台帳技術を利用した即時グロス決済システム、 外国為替送金ネットワークである。コンセンサス・レジャーとXRPと呼ばれるネイティブ通貨を用いるオープンソースインターネット・プロトコルは、リップル・トランザクション・プロトコルRTXP)またはリップル・プロトコルと呼ばれる。

(Wikipediaより)

リップル社の送金システム

xCurrentとは

ILP(Inter ledger Protocol)を用いることで金融機関が持つ異なる台帳の接続を容易にし、リアルタイムでのやり取りが可能。
取引前に決済内容を確認できるようになり、決済後の着金も確認できるようになります。安全性の向上や処理の不備などを防ぐことに繋がるシステム。

「xCurrent」は、送金情報の伝達と可視化を担っているのです。
金融取引に透明性と安全性を確保するシステムとも言えます

xRapidとは

xRapidは、流動性コストを最小限に抑えながらお客様の利便性を向上させたいペイメントプロバイダーや他の金融機関向けです。新興国市場への支払いには、しばしば、世界各地で前払いされた現地通貨口座が必要なため、流動性コストが高い。xRapidは、流動性に関する資本要件を劇的に低下させます。
xRapidは、デジタルアセット(XRP)を独自の方法で使用してオンデマンド流動性を提供するため、新興市場でのリアルタイム支払いを可能にしながらコストを大幅に削減します。エンタープライズ向けに構築されたXRPは、銀行や支払いプロバイダに、国境を越えた支払いに対応するための非常に効率的でスケーラブルで信頼性の高い流動性オプションを提供します。     リップル社ホームページより。

xCurrentでリップルの信用を高めてから

xRapidによる流動性やコスト削減ね

XRPの価値は自ずと高まるってわけだ

スポンサーリンク

東京五輪でのXRP高騰材料

  • 東京五輪におけるxRapidの積極的導入
  • 来日外国人の母国送金使用
  • 出稼ぎ在日外国人による給料の母国送金使用
  • 五輪を皮切りに素晴らしい国際決済手段としてxRapidが浸透し普及加速化

 

 

東京五輪までに仮想通貨投資始めるなら、リップルも買えてセキュリティーバッチリのここで決まり‼️↓


 

スポンサーリンク

リップルの今後!まとめ

2020東京五輪の開催は、仮想通貨全体にとって好材料となるはずです。

それぞれの通貨に安全性や利便性等の目的があり、ビットコインや他のアルトコイン全体価格の上昇が期待されます。

今回紹介したXRPは、私自身2017年から保持しており、夢のある通貨として少額ではありますが買い増ししています。

  1. xRapidの常用化
  2. 外国人労働者の送金使用
  3. 国際決済システムとしての普及

この辺りに着目して、リップルの今後に期待したいと思います‼️

以上、リップラーくらでした👋

【仮想通貨】風評被害を鵜呑みにしないで‼️仮想通貨を買うなら現在がチャンス‼️

良かったらポチッとお願いします🤲↓

仮想通貨ランキング

ブログ村ランキングに参加してます。
ポチッとして頂けるとくらが飛び跳ねます!

タイトルとURLをコピーしました