実話の怖い話!家であった心霊体験【暗闇を彷徨う顔の無い子供霊】

旅 観光
この記事は約3分で読めます。

実話の怖い話!家であった心霊体験を紹介!

 

皆さんこんにちは!

くらです。

当ブログでは、真夏の蒸暑い夜にピッタリで背筋も凍りつくような怖い話を厳選して記事にしています。

今回は、「暗闇を彷徨う顔の無い子供霊」をお届けします!

 

スポンサーリンク

こんな方におすすめ!!

  • 怖い話が好き
  • 霊感がある
  • 火照った身体を冷やしたい
  • くらのファンである

 

スポンサーリンク

家であった心霊体験

暗闇を彷徨う顔の無い子供の霊

これは、私が現在の一軒家(千葉県某所)に引っ越してきて間もない頃の出来事である。

今の家に引っ越して来たのは、今から4年程前のこと…

当時、長男が7才、長女が3才

2人には自分の部屋がある。

当初、小学校入学を機に長男は

自分の部屋で寝る!

と意気込んでいた。

私も妻もその気持ちを尊重して、

「怖くなったり、寂しくなったらいつでも(寝室に)来て良いからね!」

と長男を安心させて、試しに一度自分の部屋で寝させてみる事にした。

 

ところが、その日の晩の事

自室で寝ているはずの長男が突然青ざめた表情で寝室に入ってきた。

 

妻「どうしたの?寂しくなったの??」

 

妻が尋ねると…

 

 

長男「顔の無い男の子が………(半泣き)

 

長男に買い与えたベッドは、ベッド本体と収納棚を自由に組み合わせて使用できるセパレートタイプで、寝る時は梯子を上り、上で寝る様に組み立てであった。

長男は、上で寝ようとしていたが、なかなか寝つけず、ふと下を向いたら顔の無い男の子が体操座りしていたと…。

しばらくの間、金縛りの様に身体が動かなくなり

程なくして、身体の緊張がほぐれた所で、慌てて私達夫婦が寝ている寝室に逃げてきたそうです。

この一軒以降、長男が自分の部屋で寝た事は一度もない…。

 

後日談だが、

実は私の家の並びに住んでいる近所の人に妻が話をした所

あっそれうちの娘も同じことを言ってたかも!

との情報を得ている。

私が住む場所は、その昔戦時中に防空壕があった場所で、現在もその名残がチラホラ。

推測だが、

もしかしたら、戦時中に空襲で亡くなった子供の霊が浮遊霊となり彷徨っているのではないかと

もしかしたら、

あなたや家族にもこの世を彷徨う霊魂が訪ねて来る事があるかもしれない…

 

いかがでしたか?

実はこの霊、私の娘も目撃してるのです。この話に興味ある方は、是非コメント下さいね!

くらでした👋

もっと怖い話聞きたい?↓

実話の怖い話!家であった心霊体験【深夜に子供部屋で鳴り響く玩具の音】
実話の怖い話!家であった心霊体験を紹介! 皆さんこんにちは! くらです。 当ブログでは、真夏の蒸暑い夜にピッタリで背筋も凍りつくような怖い話を厳選して記事にしています。 今回は、「深夜に子供部屋で鳴り響く...
実話の怖い話!千葉県東金市の古いアパートであった心霊体験
実話の怖い話!千葉県東金市にある築年数25年以上のアパートで体験した怖〜い心霊体験 空部屋から聞こえる謎の足音と携帯着信音 今から10年以上前、 東金市にある築年数25年以上のアパート(見た目は改装されている為あまり年...

 

コメント メッセージはこちら

タイトルとURLをコピーしました