幼児の発達!現役言語聴覚士が幼児の言語発達促進方法を公開

健康・医療
この記事は約2分で読めます。

必見‼️幼児期の言葉の発育方法を伝授します

皆さんこんにちは顔1(うれしいカオ)

くらです(^^)

今回は小さなお子さんがいらっしゃる方必見️ズバリ、

「幼児期の言葉の育て方」です

ことばの遅れの有無に関わらず

幼児期のお子さんに対して、

どのように大人が関わると言葉が育つのか

について書きたいと思いますきらきら

それはズバリ、

「子供がしている行動を大人が実況中継してあげる事」です人差し指サイン

 

スポンサーリンク

言葉の育て方

具体的には、

子供がミニカーを手に持ち走らせていると仮定します。

それをみた大人の関わり方について例を挙げて考えてみましょう!

ポイントは3つあります!

 

スポンサーリンク

子供の行動を実況中継

上記の状況で仮定した場合、

「~ちゃんが車を動かしてます。」

ポイントは、子供がしている行動を進行形で表現してあげる事が重要です!

 

スポンサーリンク

擬音語(オノマトペ)の導入

擬音語とは

擬音語は物が発するを字句で模倣したもの。同じ言語でも時代によって異なる。例えば、狂言などで犬の鳴き声は「びよ」と表現される[9]

(出典:Wikipediaより抜粋)

 

例を挙げるならば、

犬の鳴き声

「ワンワン」

羊の鳴き声

「メ〜メ〜」

今回の状況設定であれば、

走る車を擬音化してあげれば良いので、

「ブー、ブー!速いねぇ〜」

「それ〜ビューン」

といった声かけが適切です。

 

スポンサーリンク

子供の行動を褒めてあげる

 

今回の状況設定であれば、

 

「スゴイスゴイ‼️」

 

であったり

 

「やったねぇ〜‼️」

 

とか

とにかく賞賛してあげて下さい‼️

 

子供に限らず大人だって‼️

褒められて嬉しくない人なんていませんからね‼️

 

 

スポンサーリンク

まとめ

①子供の行動を実況中継してあげる

②擬音語(車→ブーブー、電車→ガタンゴトン」

③子供の行動を認めて褒めてあげる

 

是非試してみて下さいね(^^)

くらでしたバイバイ

 

コメント メッセージはこちら

タイトルとURLをコピーしました